「家畜のふん」を餌に育った昆虫が、家畜の飼料になる日がやってくる

WIKOSKI/GETTY IMAGES
WIKOSKI/GETTY IMAGES

 家畜から出る大量のふんが世界的な問題になっているなか、その「栄養分」としての価値に着目した研究が進められている。家畜のふんを餌にして昆虫を育て、その昆虫を家畜の餌にするという手法だ。この新しいアップサイクルのかたちには、いくつもの大きなメリットがあるという。

TEXT BY EMILIE FILOU

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(UK)

この地球では、動物のふんの問題が深刻化している。その量は2030年に年間37億トンになると推計されており、しかもそれは家畜によるものだけなのだ。すでに多くの国が何とか対処しようとしているというのに、とてつもない量と言っていい。

こうして排出されたふんの多くは、農作物用の肥料として利用できる。しかし、家畜が大量にいる一方で耕作可能な土地がほとんどないオランダやイタリア北部などでは、ふんの扱いは厄介だ。そこで肥料にする代わりにふんを必要とする地域に運ぶことになるが、別の解決策もある。昆虫に食べさせるのだ。

ふんは栄養素でもあるという事実

これはすでに大自然のなかでは起きていることなので、実現できないはずはない。

動物は餌に含まれているエネルギーやたんぱく質の約60%しか使っておらず、残りは排泄する。つまり、湯気を立てている排泄物の山にしか見えないものは、栄養素であると同時にチャンスでもある--。ジェイソン・ドリューは、そう考えている。

ドリューはInsect Technology Groupの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)で、同社は09年からアメリカミズアブを南アフリカで養殖している。アメリカミズアブの幼虫はフェニックスワームやカルシワームとも呼ばれ、家畜の飼料として最も一般的に使われている。ふんは昆虫にとって素晴らしい飼料になり、その昆虫は家畜の飼料として利用できる可能性があると、ドリューは考えているのだ。

「野生の状態で何が起きていると思いますか? 実際に農家の庭で飼われているニワトリたちは、間違いなくふんを食べて育った幼虫を食べています」と、ドリューは語る。「それが自然の摂理なのです」

野生の状態では、イエバエやアメリカミズアブはふんを食べて成長する。ちょうどいい量の栄養素と水分が含まれていて、幼虫の生育培地として完璧だからだ。春や夏の気温が暖かい時期なら、わずか数週間で卵から成虫になる。「それが過去1%2C500万年以上も繰り返されてきたことなのです」と、ドリューは言う。

そこに商業的な価値はあるのか

確かに理論的にはそうだろう。だが、実際のところどうなのだろうか。昆虫の養殖は商業的な事業であり、ほかのビジネスと同様に投入されるものと産出されるもののバランスが重要になる。

昆虫の養殖で産出されるものには、主に3種類ある。たんぱく質、脂肪、そして昆虫のふん(木くずと混ざったものは「フラス」とも呼ばれ肥料として利用できる)だ。このなかで最も大きな利益になるのが、たんぱく質である。

昆虫に与える飼料は、昆虫の最終的な組成、特にたんぱく質の含有量に大きな影響を与える。このため昆虫の養殖業者は、産出量を最大にするだけでなく、対象とする市場にとって最適な組成になるような飼料を開発する必要がある。

会員限定記事会員サービス詳細