アカデミー監督も絶賛 日本発人形SF映画は危険な世界

アカデミー監督も絶賛 日本発人形SF映画は危険な世界
アカデミー監督も絶賛 日本発人形SF映画は危険な世界
その他の写真を見る (1/3枚)

 「JUNK HEAD(ジャンク・ヘッド)」は、退廃的な雰囲気が漂う本格SFを人形で表現する独特の日本映画。海外の映画祭などでは4年前から話題になっていたが、日本の映画館でも上映が始まった。本業は内装業の堀貴秀(ほり・たかひで)さん(49)が、8年をかけて一人でコツコツと完成させた。堀監督に話を聞いた。(文化部 石井健)

■世界が驚いた

 人工生命体「マリガン」によって地下が占領された地球。遺伝子操作で生殖能力を失った人類はマリガンの旺盛な繁殖力に目を付け、地下に調査員を送り込むが、過酷な運命が彼を待ち構えていた。地下世界は凶暴な異形の生物が闊歩(かっぽ)する危険な世界だった。

 「JUNK HEAD」は、そんな物語だ。暗く退廃的で刺激の強い描写も多いが、これを輪郭が丸い、かわいらしい人形が実際の6分の1サイズのミニチュアセットの中で演じる。するとユーモラスな味わいが加味され、ほかにはない雰囲気を生み出すのだ。

 2017年にはカナダ・ファンタジア国際映画祭で最優秀長編アニメーション賞を、米ファンタスティック映画祭では新人監督賞を獲得した。翌18年にかけて多数の海外の映画祭で高い評価を得た。

 「JUNK HEAD」は「ストップモーション・アニメ」と呼ばれる手法で撮られた。通常のアニメは絵だが、こちらは写真を1秒間に24枚という高速で映し出し、動いているように見せる。

 上映時間は、1時間39分。使われた静止画は約14万枚にのぼるが、堀監督は一人で撮影した。そればかりか照明、編集、人形作りに至るまで、ほぼ一人で行った。

■そうだ、映画、作ろう

 堀監督は大分県出身。高校卒業後に上京、絵画や彫刻を手がける芸術家を目指した。20代はアルバイトで食いつないだ。30歳から内装業を営み、作品を作り続けた。だが、「突き抜けた作品はできなかった」。「このままでは、だめだ。何かほかのことをしなくては」。40歳を目前に突然、映画を作り始めた。

 「映画は個人で作れるものじゃない」。それまで、映画を作ることなど考えたこともなかった。

 だが、「新海(しんかい)さんが一人で作ったと耳にしたんです」。大ヒットアニメ映画「君の名は。」などの監督、新海誠さんのことだ。新海監督は「ほしのこえ」という短編を、パソコンを使って一人で作っていた。

 「映画って個人でも作れるのか。だったら、自分も作ってみよう」と。思い立った堀監督。映像に関する知識はまるでなかったが、手元にあった操り人形を見てひらめいた。カメラで撮影した人形の写真をパラパラ漫画の要領で動かせば、動画になるのではないか。

 それがストップモーション・アニメだという認識は当時なかった。だが、堀監督はインターネットで情報を集め、平成21年の暮れから人形を使った映画を作り始めたのだ。

会員限定記事会員サービス詳細