その人工知能は人間らしさを学ぶために、あえて「間違い」もするようにつくられた

TOMASZ BOBRZYNSKI/GETTY IMAGES
TOMASZ BOBRZYNSKI/GETTY IMAGES

 いまや人工知能(AI)は、囲碁やチェスなどのボードゲームで名人を打ち負かせるレベルにまでなった。こうしたなか、人間によるミスを含む指し回しを予測するようにつくられたAIが登場した。その狙いとは、人間らしさを理解してその行動を予測することにある。

TEXT BY WILL KNIGHT

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

コンピューターがチェスで人間を打ち負かすまでには、約50年かかっている。それがいまでは、標準的なスマートフォンでもチェスの名人を驚かせるような手を指せるようになった。ところが、ある人工知能(AI)のプログラムは、平均的な人間によるミスも含むあらゆるプレイを理解するために、あえて2~3歩後退するような手を指している。

このAIは「Maia」というチェスのプログラムで、極めて超人的なチェスを指すプログラムを支える最先端のAIを用いている。だが、このMaiaは対戦相手を破る方法を学ぶのではなく、人間の間違いも含む指し回しの予測に重点を置いている。

Maiaの開発を率いたコーネル大学教授のジョン・クレインバーグいわく、これは人間の間違いやすさを理解できるAIを開発する最初の一歩であるという。その先には、例えばMaiaが人間に教えたり助けたりすることで、人間ともっとうまく交流できるかもしれない、あるいは交渉すらできるかもしれないという期待につながってくる。

クレインバーグによると、Maiaの用途のひとつとして可能性があるのは医療分野だという。間違いを予測するシステムがあれば、医療用画像の読影を医師向けに訓練したり、読影の間違いに気づくように医師を支援したりできるかもしれない。

「そのためのひとつの方法は、人間の医師が医療用画像に基づいて診断する際に起きる問題に取り組み、医師の間で生じるハイレベルな意見の相違をシステムが予測する根拠となる画像を探し出すことです」と、クレインバーグは言う。

チェスで“人間らしい”プレイを学習

チェスに着目した理由は、機械の知能が人間を上回った最初の分野のひとつがチェスだからであると、クレインバーグは説明する。「チェスはアルゴリズムを試してみるには理想的なシステムといえます。AIが優位な分野のモデルのようなものです」

そのうえチェスは集中的に研究され、生物学におけるミバエやショウジョウバエのようになっているのだと、クレインバーグは指摘する。「チェスは(経営学者で認知心理学者の)ハーバート・サイモンが心理学のショウジョウバエと呼び、(計算機科学者で認知科学者の)ジョン・マッカーシーがAIのミバエであると呼んだ特徴をもっているのです」と、それぞれの分野の大家の発言を引用して言う。

会員限定記事会員サービス詳細