新幹線の橋からモルタル片159キロ落下 静岡、けが人なし - 産経ニュース

メインコンテンツ

新幹線の橋からモルタル片159キロ落下 静岡、けが人なし

 JR東海は27日、静岡県富士市中之郷にある東海道新幹線新富士-静岡間の橋からモルタル片が落下したと発表した。全部で17片あり、総重量は約159キロだった。約4メートル下の道路に落ちたため、新幹線運行への影響はなかった。けが人もなかった。

 JR東海によると、27日午前10時45分ごろ、付近の住民から同社に連絡があり、判明した。橋の下面に吹き付けられたモルタルの一部が経年劣化したとみられるという。17片のうち、最も重いものは約18キロだった。

 同社は「継続的に検査、点検し、構造物の健全性の確保に努める」としている。