NBC「聖火リレーは廃止すべき」寄稿文で主張 五輪に影響力 - 産経ニュース

メインコンテンツ

NBC「聖火リレーは廃止すべき」寄稿文で主張 五輪に影響力

五輪マークのモニュメント。奥は国立競技場=2020年9月、東京都新宿区(川口良介撮影)
五輪マークのモニュメント。奥は国立競技場=2020年9月、東京都新宿区(川口良介撮影)

 【ニューヨーク=上塚真由】米国で東京五輪の放映権を持つNBCは25日、「新型コロナウイルス禍の恐怖がある中、東京五輪の聖火ランナーが始まるが、これは廃止されるべきだ」と題する寄稿文を電子版に掲載した。五輪に強い影響力を持つとされるNBCによる批判的な報道に波紋が広がっている。

 寄稿したのは、米五輪代表にも選ばれたことがある元プロサッカー選手で米パシフィック大のジュールズ・ボイコフ教授(政治学)。ボイコフ氏は聖火リレーの出発点が、東日本大震災、原発事故の被災地である福島県であることに触れ、「この儀式の偽善や害悪、不条理さを際立たせただけでなく、五輪に向けて突き進む日本の問題を象徴している」と指摘。東京五輪は「復興五輪」との理念を掲げるものの、資材が東京に流れて「福島の復興が遅れたのは東京五輪のせいだと非難が上がっている」などと問題点を挙げた。

 また、「聖火リレーは五輪の虚飾のため、公衆衛生を犠牲にする危険を冒している」と言及。日本ではワクチンの普及が遅れており、「日本人が(五輪開催に)不安を募らせるのも当然のことだ」と指摘し、世論調査では、80%の国民が全面中止やさらなる延期を求めていると紹介した。

 さらに、聖火リレーがナチス統治下で開催された1936年のベルリン五輪で始まったことを挙げ、「ナチスの宣伝活動に由来するような伝統は廃止されるべきだ」とも訴えた。