100歳時代プロジェクト

コロナ禍 健康の守り方教えます

【100歳時代プロジェクト】コロナ禍 健康の守り方教えます
【100歳時代プロジェクト】コロナ禍 健康の守り方教えます
その他の写真を見る (1/3枚)

 オンラインセミナー「コロナ禍 健康被害を防ぐために」

 誰もが100歳まで生きることが当たり前になる時代に備え、産経新聞社が取り組む「100歳時代プロジェクト」は、パートナー企業の太陽生命保険との共催で「コロナ禍 健康被害を防ぐために」と題したオンラインセミナーの配信を開始した。

 第1部は、健康政策を専門とする筑波大学大学院スポーツウエルネス学学位プログラム長の久野譜也氏が「コロナ禍の健幸づくり」をテーマに講演。続く第2部では、筋トレ指導で知られる近畿大学生物理工学部人間環境デザイン工学科准教授の谷本道哉氏が「健康被害を防ぐための実践方法」として、体力づくりに役立つ運動のポイントを実演を交えて解説した。

 また、太陽生命保険の平山貢造・営業企画部長は、認知症予防保険など同社の取り組みを紹介した。

 筑波大学大学院スポーツウエルネス学学位プログラム長・久野譜也氏

 ■運動を習慣付け、フレイル予防を

 コロナに感染しないために外出はある程度は自粛しなければいけません。ただ、正しく恐れてうまく外出もしなければいけません。

 運動量によって感染リスクがどう変わるかのデータをみると、「不足」「過度」で非常にリスクが高くなりますが、「適度」は下がります。これは免疫力が変化するからです。つまり自粛し過ぎて運動不足になると免疫力が低下する傾向にあるので、買い物など最低限の外出でも感染するリスクが高くなります。

 感染という一次被害を防ごうとして、運動不足になると高血圧や糖尿病など基礎疾患が悪化する健康二次被害も引き起こします。また、外出自粛で人と会わずに会話の機会が減ると特に高齢者は認知機能の低下を招きますし、「フレイル」と呼ばれる身体の虚弱化につながる恐れもあります。感染を怖がり過ぎ、自宅でじっとしていることには大きなマイナスの影響があると理解していただきたいと思います。

 だからコロナ禍のいま、運動習慣を付けておくことです。これが結果的に予防になりますし、コロナ収束後も人生100歳時代を元気に過ごすことにつながります。逆に極端にステイホームした人は、せっかくコロナが終わって生活を楽しもうとしても、フレイルで旅行にも行けないという生活が待っているかもしれません。コロナを正しく恐れて手洗いやうがいを行いつつ、健康二次被害や認知症やフレイルを予防する生活のバランスが大切です。

 100歳時代を生きがいを持って生き抜くために、外出して趣味やスポーツ活動に取り組み、日常的に運動を行う。一人で体操やウオーキングをするだけではなく、人と会話し、そして笑う-そんな日常をぜひ取り戻してもらいたいと思います。

【プロフィル】久野譜也(くの・しんや)

 筑波大学大学院博士課程医学研究科修了。医学博士。米ペンシルベニア大留学などを経て、令和2年から現職。健康増進分野で日本初の大学発ベンチャー、つくばウエルネスリサーチの社長も兼務。