富士山噴火マップ改定、溶岩流は駿河湾や神奈川にも… 3県12市町警戒地域へ  

富士山
富士山

 静岡、山梨、神奈川3県などでつくる「富士山火山防災対策協議会」は26日、最新の知見に基づく富士山噴火時のハザードマップの改定版を公表した。従来の想定を大きく超え、最長で静岡県の駿河湾や、神奈川県小田原市、山梨県大月市など計12市町に溶岩流が到達する恐れが新たに判明。国は活動火山対策特別措置法(活火山法)に基づく「火山災害警戒地域」に追加指定する。

 同協議会が30年から改定に着手。溶岩流の想定では、最新の研究で「貞観噴火」(864~866年)の噴出量が旧マップの最大想定量の約2倍、13億立方メートルに見直されたことを反映。想定火口も約5倍の252地点に設定した。

 その結果、大規模噴火時は溶岩流が神奈川県小田原市や相模原市、山梨県上野原市に到達。静岡県富士市で海まで届くケースも示された。同県富士宮市や山梨県富士吉田市では、一部の市街地や幹線国道に2時間で到達。火砕流などで解けた雪が土砂を巻き込んで流れる融雪型火山泥流も市街地に短時間で到達する可能性が示された。

会員限定記事会員サービス詳細