バイデン氏、再選出馬に意欲を表明 東シナ海を「北シナ海」と言い間違えも - 産経ニュース

メインコンテンツ

バイデン氏、再選出馬に意欲を表明 東シナ海を「北シナ海」と言い間違えも

就任後初の記者会見を開いたバイデン米大統領= 25日、ワシントン・ホワイトハウス(AP)
就任後初の記者会見を開いたバイデン米大統領= 25日、ワシントン・ホワイトハウス(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】バイデン米大統領は25日の記者会見で、2024年の次期大統領選に関し「再選出馬を計画しており、そうなることを期待する」と述べ、2期目への意欲を表明した。

 再選出馬の際の副大統領候補にはハリス副大統領を指名する考えも明らかにした。バイデン氏はハリス氏について「素晴らしい働きぶりで、素晴らしいパートナーだ」と称賛した。

 共和党からはトランプ前大統領が再び出馬してくると思うか、との質問に対しては「考えたこともないし、見当もつかない。それまで共和党が存在するかどうかも分からないだろう」と答えをはぐらかした。

 バイデン氏は現在78歳。仮に再選された場合は2期目の就任時の年齢は、歴代大統領史上最高齢を自身で更新する82歳となる。今月19日には、大統領専用機のタラップを上る途中でよろけて転ぶなど、一部で健康状態を不安視する声が上がっている。

 記者会見では、中国が法の支配を順守するよう同盟諸国と連携して対処すると語った際、「東シナ海」とすべきところを「北シナ海」と言い間違えた。

 会見はホワイトハウスの大広間「イーストルーム」で行われた。出席した25人の記者は新型コロナウイルス対策でそれぞれ2メートル前後の間隔を空けて着席。バイデン氏はこのうち10人を指名して質問を受け付けた。バイデン氏に批判的な保守系のFOXニュースの記者は当てられなかった。