新川優愛がムロツヨシと初共演「テレビで見るそのままの…」 

4話に出演する新川優愛と主演のムロツヨシ(C)フジテレビ
4話に出演する新川優愛と主演のムロツヨシ(C)フジテレビ

 女優の新川優愛(27)が、ムロツヨシ(45)主演のドラマ「全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの」(28日深夜から6夜連続放送)に出演する。

 ムロがフジテレビの連続ドラマに初主演する話題作で、原作はタレント、壇蜜の夫で漫画家の清野とおる氏の同名漫画。ムロは東京・赤羽在住の漫画家、セイノを演じ、オールロケで大人の街ぶら冒険ストーリーを描く。街は上中里(東京)、国道(神奈川)、霞ヶ関(埼玉)、 山田(東京)、久留里(千葉)の5カ所。新川は4話(31日深夜0・35)の山田編に登場する。

 ≪セイノ(ムロ)は老後、東京西部の郊外でひっそり暮らしたいという願いがあることから下見として山田駅(東京・八王子市)に降り立つ。そこの雲龍寺というちょっと個性的な寺で美しい女性・美咲(新川)に出会う。セイノが定食屋さんの1000円ガチャでゲットしたたまごっちを拾ってくれたのだ。テンションが上がるセイノ。『ああいう人と老後を送れたら幸せだろう』。やがて、ある牧場にたどり着くと、そこで作業着姿の美咲と再会。美咲は牧場の娘だった…≫

 新川は「コロナ禍で世の中が元気のない中、知らない街にフォーカスするという企画自体、すてき。八王子にこういうところがあるなんて知らなかった。収束したら行ってみたいと感じていただけると思う」と話し、初共演となったムロについて「テレビで見るそのままの方で、たくさん勉強させていただいた。牧場の匂いが画面で伝わらないのが残念。頑張りました」と笑顔で答えた。

 初回は28日深夜0時半から放送。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細