仮面ライダー50年 時代で変身 「正義」を問う根幹変わらず

仮面ライダー50年 時代で変身 「正義」を問う根幹変わらず
仮面ライダー50年 時代で変身 「正義」を問う根幹変わらず
その他の写真を見る (1/2枚)

 日本を代表するヒーロー作品のひとつ「仮面ライダー」シリーズが、4月3日で放送開始から50周年を迎える。「変身!」。巨大な悪の組織に立ち向かう仮面ライダー、その「個」の強さに子供たちはあこがれた。時代とともにそのヒーロー像は、身近で共感しやすいキャラクターに変化。だが「善」と「悪」を問い続ける仮面ライダーの根幹は、令和の今も変わらない。(兼松康)

等身大ヒーローの原型に

 「仮面ライダー」の放送が始まったのは沖縄返還協定調印式などがあった昭和46年。主人公は藤岡弘(現・藤岡弘、)演じる本郷猛(ほんごう・たけし)だ。ただ、収録中の藤岡の大けがで、急遽(きゅうきょ)、佐々木剛(たけし)が演じる一文字隼人(いちもんじ・はやと)が仮面ライダー2号に変身し、主役が交代した。一文字の変身ポーズが大ブームを呼び、約2年放送される人気番組となった。

 その後、放送されない期間もあったが、平成12年の「クウガ」でテレビシリーズが復活し、現在の「セイバー」まで連続22作が放送されている。仮面ライダーはその後のヒーローものの原型となり、「人造人間キカイダー」や「宇宙刑事」シリーズなど多くの等身大ヒーローが生まれた。

 ライダーの「代替わり」は子供たちが夢中になる戦闘シーンの進化でもあった。ほとんどが実写だった昭和時代から、CG(コンピューターグラフィックス)の登場でより多彩に見せられるようになった。「ライダーキック」などの必殺技や背景などにもCGが活用されているという。

キャラは変遷、刑事に社長も

 本郷は城南大学の学生だった。昭和時代は「アマゾン」など一部を除き、ほとんどが大学生。しかも頭脳明晰(めいせき)、スポーツ万能という、ヒーローらしい姿が描かれる。一方、平成に入ると、家事手伝い(アギト)やフリーター(555、電王など)などが主人公ライダーに。その後、探偵(W)、刑事(ドライブ)、お笑い芸人で会社社長(ゼロワン)など、その職業がドラマに深く関わるケースも出てきた。

 「昭和の主人公は、強く、頼れる存在。だが平成の、特に前半はそうではなくなった」と指摘するのは、仮面ライダーと子供の関係などに関する論文を発表している、香川大大学教育基盤センターの葛城浩一(くずき・こういち)准教授(教育学)だ。

 「電王」の野上(のがみ)良太郎は「史上最弱」、「キバ」の紅渡(くれない・わたる)は当初は引きこもりだった。「主人公が最初から頼れる存在だと伸びしろが少なく、成長譚として描けない。子供たちに、より共感してもらうための設定だったかもしれない」と話す。

会員限定記事会員サービス詳細