第36回「正論大賞」贈呈式 古川勝久氏「今後も政策提言型の活動を」 竹田恒泰氏「男系継承守る大切さ問う」(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

第36回「正論大賞」贈呈式 古川勝久氏「今後も政策提言型の活動を」 竹田恒泰氏「男系継承守る大切さ問う」

 竹田氏は今月発足した安定的な皇位継承策を議論する有識者会議にも触れ、「旧皇族の皇籍復帰について『民間人はダメ』との声もあるが、皇后陛下や上皇后陛下は民間出身だが立派に振る舞っておられる。旧皇族をいかに活用するかの議論を進めていただきたい」と訴えた。その上で、現在ある宮家が旧皇族から養子をとる方法はいくつか考えられると言及。自身が皇籍復帰するつもりは全くないことを強調し、「民間人として皇室を支えるのが私の役割」とも述べた。そして「これからも男系継承を守ることの大切さを世に問い続けていきたい」と意気込みを語った。

 第26回正論大賞を受賞した櫻井よしこさんが、古川氏に「なお一層の問題への切り込み、提言を期待している」、竹田氏に「旧宮家の一員というお立場を超越した、一人の知性ある言論人として、これからも発信し続けることを願っている」とお祝いの言葉を寄せた。