報ステCM、批判で取り下げ「女性をバカにしている」

 テレビ朝日が22日にユーチューブなどで公開した報道番組「報道ステーション」のウェブCMに、「女性をバカにしている」「絶句した」など批判の声が会員制交流サイト(SNS)などで噴出し、テレ朝は24日、CMを取り下げた。

 CMは30秒版と15秒版の2種類。若い女性が「どっかの政治家が『ジェンダー平等』とかってスローガン的にかかげてる時点で、何それ、時代遅れって感じ」「いい化粧水買っちゃった! 消費税は高くなったけど」などと笑って話し、最後に「こいつ報ステみてるな」と字幕が出る。

 ツイッター上で「こいつって何様?」や「女性蔑視があふれている」と批判が相次いだ。テレ朝は取材に対し「幅広い世代の皆様に番組を身近に感じていただきたいという意図で制作した。不快な思いをされた方がいらしたことを重く受け止め、おわびする」とコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細