IAEA、原発処理水の安全性評価や発信に協力

 梶山弘志経済産業相は23日、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長とテレビ会談を行った。梶山氏は、東京電力福島第1原発の今後の廃炉作業に関し、国内外に対する信頼性や透明性を高めるためにIAEAと協力関係を強化することや、IAEAに処理水の安全性評価などの協力を要請し、グロッシ事務局長も同意した。

 梶山氏は「(処理水に関し)政府方針決定に向け最終段階にあり、近隣諸国などの安全性や風評の心配の払拭が課題」とした上で「IAEAに科学的知見を基に処理水の実態と安全性を国内外に発信していただくことが日本の取り組みの信頼性向上に効果的だ」と説明。グロッシ氏は「全面的に協力し、引き続き支援を行っていく」と述べた。

 処理水に関して具体的には、処分に関係する施設や処分方法が適正かをIAEAの安全基準に照らして確認してもらうほか、仮に処分が開始された後は東電などの処分状況を継続的に確認してもらう。また、政府や東電が第三者などの参画を得つつ実施する環境モニタリングの品質管理などを確認してもらう。加えて、こうした取り組み結果をその都度、国際社会に発信してもらい、風評被害などにつながらないよう依頼した。

 足元で政府は「適切な時期に判断する」とし、処理水を放出する方針を決めていないが、国際機関の協力をなどを得ながら、対応を急ぎたい考えだ。