アンドロイドのスマホで不具合 グーグル「修正済み」

 NTTドコモは23日、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンで、一部のサービスが利用しづらくなったと発表した。各種のアプリが強制終了するなどのトラブルが一部ユーザーで起き、ドコモ以外の端末でも幅広く影響が出たとみられる。グーグルの日本法人は不具合を修正したとして「ご迷惑を掛け、おわびする」と陳謝した。

 ドコモによると、23日午前5時ごろからドコモメールや決済サービス「d払い」の利用に支障が出た。アンドロイド関連アプリなどの不具合が原因だと分かり、午後5時前に利用者の更新操作で回復することを確認したという。

 ヤフーも一時「ヤフオク!」などのアプリが開けなかったり、強制終了したりしたと告知した。