JR東海副社長、山梨知事との会談認める リニア工事湧水問題 - 産経ニュース

メインコンテンツ

JR東海副社長、山梨知事との会談認める リニア工事湧水問題

走行試験が進むリニア中央新幹線=山梨県笛吹市御坂町竹居(渡辺浩撮影)
走行試験が進むリニア中央新幹線=山梨県笛吹市御坂町竹居(渡辺浩撮影)

 リニア中央新幹線静岡工区のトンネル工事をめぐり、JR東海が山梨側に流出する湧水と同量を事後に山梨側から静岡側へ戻すと提案した問題で、同社の宇野護副社長は22日、山梨県の長崎幸太郎知事と19日に会談して初めて説明したことを認めた。

 22日開かれた政府の有識者会議後の記者会見で述べた。山梨側から湧水を戻すことについて、宇野副社長は「今後の議論の中で実現していく方向になるならばということで、山梨県と話をした。『関心を持っている。環境に関わる話なので、今後も説明を聞きたい』とのことだった」と述べた。

 関係者によると、宇野副社長はこのほかに、山梨県内の地上区間に原則として防音・防災フードの設置を求める県の要望を前向きに検討していると長崎知事に語った。