浪速風

コロナ慣れに効くクスリ

雨も悪くない、と思う週末だった。木々の緑は鮮やかで、花粉の飛散も抑えられて道行く人もほっとした様子だ。何より緊急事態宣言の全面解除を前に、すでに増え始めた人出が、多少なりとも抑えられたかもしれなかったから

▶1都3県でも2カ月半にわたる宣言がようやく解除となった。ひと頃言われた「コロナ疲れ」から、最近は「コロナ慣れ」と言われる。似ているようで違うのは、言葉の裏にある外出への欲望だ。自粛することに疲れて外出をし始めたときと、コロナに慣れて外出を控えなくなった今とでは、「出かけたい」気持ちの強さが違うのである

▶リバウンド阻止に向け、田村憲久厚生労働相は「新たな闘い」を宣言した。感染力が強いとされる変異株対策など「五つの柱」を打ち出しているが、後遺症の影響など、今一度、国民にコロナの怖さを再認識してもらうべきではないか。感染したくないという強い気持ちこそ一番の対策になる。