警官発砲、刃物男が死亡 富山県警「適正な職務」

 22日午前3時40分ごろ、富山市飯野の路上で、110番で駆け付けた富山中央署の男性巡査部長が、包丁を手に「刺してやろうか」と襲い掛かってきた男に拳銃1発を発砲、弾が胸に当たった。男は近くの病院に運ばれたが、約45分後に死亡が確認された。同署の奥村武志副署長は「適正な職務執行であったと考えている」とコメントした。

 同署によると、死亡したのは近くに住む無職幸田勇治容疑者(38)。殺人未遂や銃刀法違反(所持)の疑いで捜査する。

 幸田容疑者の母親が「息子が暴れている。110番してほしい」と近隣住民に依頼。駆け付けた署員2人が幸田容疑者に職務質問していたところ、刃渡り約20センチの包丁を手に向かってきたという。巡査部長が「包丁を捨てろ」と複数回警告したが、さらに近づいてきたため、約5・5メートルの距離から発砲した。

 県警は司法解剖し、死因を特定する。

会員限定記事会員サービス詳細