南海トラフ災害ごみ3億トン発生、東日本大震災の10倍 環境省推計 - 産経ニュース

メインコンテンツ

南海トラフ災害ごみ3億トン発生、東日本大震災の10倍 環境省推計

 南海トラフ巨大地震が起きた際、建物のがれきなど災害ごみが37都府県で計約3億トン発生するとの推計を環境省がまとめたことが22日、分かった。東日本大震災を受けて平成26年に出した推計を見直した。建物耐震化の進展などで26年より減ったが、ほぼ処理を終えるのに3年かかった東日本大震災(約3000万トン)時の10倍。早期の復旧復興には処理の迅速化が欠かせず、環境省は対策の検討を急いでいる。

 推計では津波浸水域の内外をそれぞれ算出し、合計2億9919万4000トンと算出した。浸水域内外合わせた最多は愛知の5168万7000トンで、次いで静岡4092万1000トン、高知2860万1000トン。環境省が処理の地域的な枠組みとするブロック別では、中部(8034万8000トン)や四国(7226万9000トン)が多い。

 北海道と東北6県、栃木、新潟、富山の3県は浸水域の内外とも発生量ゼロと見込んでいる。