「台湾は主権国家」と反論 中国の「不可分の領土」主張に - 産経ニュース

メインコンテンツ

「台湾は主権国家」と反論 中国の「不可分の領土」主張に

台湾の蔡英文総統(総統府提供)
台湾の蔡英文総統(総統府提供)

 台湾で対中政策を主管する大陸委員会は21日、米中外交トップ直接会談で、楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)共産党政治局員が「台湾は中国の不可分の領土」と述べたことに対して「中華民国は主権国家だ。台湾は中華人民共和国に属したことはなく、将来もあり得ない」との談話を発表し、反論した。

 大陸委員会は「台湾政府は台湾海峡の平和と安定に力を尽くし、国家主権と台湾の民主主義を守る」と強調。

 中国共産党に対しては武力威嚇や外交圧力を停止し「無条件で対話に応じる」よう求めた。(共同)