バイデン大統領タラップでよろめく 「強風だった」と副報道官

バイデン米大統領(78)は19日、首都近郊のアンドルーズ基地で専用機エアフォースワンのタラップを上る途中、体勢を大きく崩して何度もよろめき、膝をつく場面があった。ジャンピエール大統領副報道官は記者団に「風が強かった。大統領は100パーセント大丈夫だ」と説明した。

バイデン氏は南部ジョージア州アトランタに向かう途中だった。手すりを使って体勢を立て直し、左膝をなでるようなしぐさをした後、自力で階段を上り切った。

バイデン氏は就任前の昨年11月には、愛犬と遊んでいた際に足を滑らせ、足の骨にひびが入るけがを負った。(共同)