「バイキングMORE」新テーマソングはsumika書き下ろし

「バイキングMORE」新テーマソングはsumika書き下ろし
「バイキングMORE」新テーマソングはsumika書き下ろし
その他の写真を見る (1/2枚)

 4人組バンド、sumikaがフジテレビ昼の生放送番組「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)の新テーマソング「Jasmine」を書き下ろした。番組ロゴ、スタジオセットも一新される22日から流れる。

 楽曲は、海辺の町の情景を連想させる爽快な歌詞と心が弾むような優しいメロディーが印象的なアップテンポのナンバー。詞・曲を担当した片岡健太(ボーカル・ギター)は「番組名にちなんで船で新しい町に来たというイメージ。この町でゼロから暮らしていこうという気持ちになってもらえるような曲にした」と思いを語る。

 2013年5月に結成されたバンド名には「さまざまな人にとってのsumika(住処・すみか)のような場所になってほしい」との願いが込められている。

 「おっさんずラブ-in the sky-」(19年、テレビ朝日系)の主題歌「願い」や映画「ぐらんぶる」(20年)の主題歌「絶叫セレナーデ」などの楽曲や新曲が収録された3rdフルアルバム「AMUSIC」をリリースしたばかり。

 メンバーたちは「タイトルには良い匂いのするジャスミンの木のように、リラックスできるような曲になってほしいという意味も。日常の中で時には気が滅入ってしまうような出来事もあるが、聴いた人が明るく晴れやかな気持ちになれるよう精いっぱい頑張って作った楽曲です」と話している。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細