10月の東京マラソンは定員2万5000人 エントリーは22日から - 産経ニュース

メインコンテンツ

10月の東京マラソンは定員2万5000人 エントリーは22日から

 東京マラソン財団は19日、新型コロナウイルス感染対策のため、10月17日に開催する東京マラソン(産経新聞社など共催)の定員を2万5000人にすると発表した。エントリーは今月22日から31日まで。チャリティーランナーは募集しない。

 例年の定員は3万8000人だが、スタート時にランナー同士の距離を保つため見直した。入場ゲートでのランナーへの検温、給水時の蓋付きコップ導入、更衣スペースの屋外への変更など感染対策を検討している。

 大会開催の可否判断は6月と9月に行う。現時点では大会1カ月前に緊急事態宣言が発令されている場合などは中止とするとしている。

 20年大会はコロナ禍でエリートと車いすのみに変更して実施された。参加を予定しながら走れなかった一般ランナーのうち7千人弱は今大会に出場する。

 世界各国からランニングアプリを活用して参加できる「バーチャル東京マラソン(仮称)」も初めて併催する。