「焦る習氏、海洋進出強める可能性」 仙台「正論」懇話会の講演会要旨

 中国貴州省を視察する習近平国家主席(中央)=2月(新華社=共同)
 中国貴州省を視察する習近平国家主席(中央)=2月(新華社=共同)

仙台市青葉区の江陽グランドホテルで18日に開かれた仙台「正論」懇話会の第61回講演会は、産経新聞の河崎真澄論説委員兼特別記者が「覇権を強める中国に対峙(たいじ)する日本と台湾」と題して講演した。要旨は次の通り。

中国は2008年の北京五輪、10年の上海万博の頃は高揚感があり、(当時の最高指導者の)胡錦濤時代は国際社会と協調する予兆があった。しかし、習近平指導部が誕生した12年以降の中国はそれまでとは違う国と考えるべきだ。

ランキング

  1. フランス、1日の新規感染50万人超 入院増加、重症は減少

  2. 【アジア見聞録】中国、ヒマラヤでも領土拡張 ブータン係争地に「村」建設

  3. 「欧州は原油も天然ガスも買えなくなる」ロシア上院副議長

  4. 習氏、北京五輪への国際社会の支持強調 バッハIOC会長と会談

  5. 【中国的核心】「金満サッカー」バブル崩壊 不動産親会社が苦境で給与未払い

  6. 「なんてバカなくそ野郎だ」 バイデン大統領が記者に暴言

  7. 台湾武力統一に反対 中国知識人が異例の声明

  8. 独、ウクライナに「武器輸出はせず」 仏大統領は28日に露大統領と電話会談

  9. 【国威発揚劇場 北京冬季五輪の行方㊤】中華民族復興と権威付け 習氏打算

  10. 米、露へのハイテク部品禁輸方針 欧州の代替エネルギー確保も