女性侮辱演出提案で辞意 五輪式典統括の佐々木氏

クリエーティブディレクターの佐々木宏氏
クリエーティブディレクターの佐々木宏氏

 東京五輪・パラリンピックの開閉会式の企画、演出で全体の統括役を務めるクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)が、式典に出演予定だったタレントの渡辺直美さんの容姿を侮辱するような内容の演出を関係者に提案していたと「文春オンライン」が17日報じた。佐々木氏は18日未明、大会組織委員会を通じ謝罪文を発表、橋本聖子会長に辞意を伝えたことを明らかにした。組織委は18日正午に記者会見する。

 文春によると、佐々木氏は昨年3月、五輪開会式の演出メンバーに送信したLINEで、渡辺さんにブタの仮装をさせ登場させるアイデアを披露した。しかし、メンバーから批判が相次ぎ撤回したという。佐々木氏は謝罪文で「取り返しのつかないこと。大失言が表に出て、渡辺直美さんにも伝わるときが来たら、責任をとって辞表を出すべきと考えてきた」などとつづった。組織委では2月、森喜朗前会長が女性蔑視と受け取れる発言で引責辞任したばかりで、開幕約4カ月前に新たな不祥事が発覚する異常事態となった。

 開閉会式の制作は狂言師の野村萬斎氏を総合統括とし、パラ担当統括の佐々木氏を含む7人のチームが昨年12月に解散。新型コロナウイルス禍による大会延期で演出の大幅な見直しが必要となり、より迅速に準備を進めるためとして、佐々木氏を統括役とする新体制に移行した。

 佐々木氏のコメントは以下の通り。

 「私のアイデアおよび発言内容に、非常に不適切な表現がありました。渡辺直美さんに対しては、大変な侮辱となる私の発案、発言となること。心からおわび申し上げます。自分の意識の低さ、無神経さに改めて気付いた次第です。猛反省し、意識改革をし、生まれ変わりたいと思います。大変申し訳ありませんでした」