立民枝野氏、第4波生じた場合、「内閣総辞職では済まない」

記者団の取材に答える立憲民主党の枝野代表=17日午後、東京都千代田区
記者団の取材に答える立憲民主党の枝野代表=17日午後、東京都千代田区

 立憲民主党の枝野幸男代表は18日の衆院議院運営委員会で、政府が首都圏1都3県に発令している緊急事態宣言を21日に解除することについて、「解除は時期尚早であり、反対せざるを得ない。十分に感染が収まらないまま解除を強行し、(感染の)『第4波』が生じた場合、内閣総辞職では済まない大きな政治責任が生じる」などと菅義偉(すが・よしひで)首相に迫った。

 首相は「感染拡大を抑え、1日も早く収束に全力を尽くすことが私の責任だ」と強調した。