東芝株主総会、議決権誤集計で調査可決 異例の展開 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東芝株主総会、議決権誤集計で調査可決 異例の展開

東芝が東京都内で開いた臨時株主総会の会場=18日午前
東芝が東京都内で開いた臨時株主総会の会場=18日午前

東芝は18日、大株主2社が要求した臨時株主総会を東京都内で開いた。議決権誤集計が起きた昨年の定時株主総会の調査を求めた投資ファンドのエフィッシモ・キャピタル・マネージメントの株主提案を可決した。会社側は提案に反対しており、異例の展開となる。東芝が経営方針を突如変更したとして、合理的な説明を要求した資産運用会社ファラロン・キャピタル系のチヌーク・ホールディングスの提案は否決した。

東芝は昨年7月の定時株主総会で、期日までに届いた議決権行使書の一部を無効としていた。エフィッシモは「不自然な点が数多く存在する」として、経営陣から独立した弁護士による調査が必要と主張した。圧力で議決権行使を断念した株主がいるとも指摘している。東芝は監査委員会が可能な限り調査したとして、株主提案に反対を表明した。