赤ちゃんパンダは「楓浜(ふうひん)」、和歌山のアドベンチャーワールド

「楓浜」に名前が決まり、スクリーンに映し出されたパンダの赤ちゃん=18日、和歌山県白浜
「楓浜」に名前が決まり、スクリーンに映し出されたパンダの赤ちゃん=18日、和歌山県白浜

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は18日、昨年11月22日に生まれた雌のジャイアントパンダの名前を「楓浜(ふうひん)」に決めたと発表した。

 出生時は体長20・5センチ、体重157グラムだった赤ちゃんはすくすくと成長し、今月18日時点で74センチ、6580グラムに。12日から一般公開されている。

 名前はインターネットなどで募集され、約11万件の応募があった。「光浜(こうひん)」「咲浜(しょうひん)」「楓浜」の3候補に絞り、今月4~11日に投票を実施。約9万票の投票があり、最多票を集めた名前に決定した。

 この日の命名セレモニーでは、多くの入園者が見守る中、書家の北原美麗さんが縦横1・8メートルのパネルに「楓浜」と大きく書いた。

 楓浜を選んだ理由について、命名委員会の真柴唱子委員長は「秋に色づき美しく変化する楓のように、成長する姿が愛され幸せ育む存在になれるようにという願いが込められている」と説明した。

会員限定記事会員サービス詳細