橋岡優輝、走り幅跳び8メートル19で22年ぶり屋内日本記録更新 森長コーチ越え

男子走り幅跳びで8メートル19の室内日本新記録をマークし、笑顔の橋岡優輝=大阪城ホール
男子走り幅跳びで8メートル19の室内日本新記録をマークし、笑顔の橋岡優輝=大阪城ホール

 陸上の日本室内選手権最終日は18日、大阪市内で行われ、男子の走り幅跳びは橋岡優輝(日大)が室内日本記録を更新する8メートル19で優勝した。

 師事する森長正樹コーチの屋内日本記録を22年ぶりに更新した橋岡は「森長先生の記録を目標にしていたので、何とかクリアできてよかった」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 8メートル19を跳んだのは5回目。この試技以外はすべてファウルだった。室内大会独特の助走路の反発に適応できず、踏み切りが合わなかったという。「跳ねる感覚があって、ストライドが伸びていた。『やらかしたな』と思うので、自分も納得できる結果が出せるよう頑張っていけたら」と好記録にも気を引き締め直していた。