民放連会長、総務官僚との会食の有無「回答控えたい」

総務省=東京都千代田区
総務省=東京都千代田区

 日本民間放送連盟(民放連)の大久保好男会長は18日の定例会見で、総務省幹部が放送事業会社「東北新社」などから接待を受けていた問題に関連して同省の官僚との会食の有無を聞かれ、「民放連会長としていろんな方々とお会いし、さまざまな形で意見交換をするこということはある」と述べたうえで、「個別具体的なことについては回答は控えたいと思う」と言及を避けた。

 大久保会長は、さまざまな人物との会食の目的を「私どもの事業が置かれている状況を理解していただくということは民放連会長としての役割の一つではないかと考えている」と説明。民放連の役職員と総務官僚との会食については「不適切な接待などの事実があるということは承知していない」と話した。

 会見では、東京五輪・パラリンピックについても質問が出た。開閉会式の企画、演出の統括を担うクリエーティブディレクターの佐々木宏氏が、タレントの渡辺直美さんの容姿を侮辱する演出を提案した問題で辞任するなど混乱が続いている。

 大久保会長は「きょうの事態については先ほどニュースで知ったばかりでなんともコメントはできない」と述べ、「私たち民放事業者としてはいかなる状況にも対応できるように引き続きしっかりと準備を進め、国民の期待に応えるオリンピック放送を行っていきたいという考えだ」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細