スピードスケート女子・高木美帆、北京五輪へ「全部ぶつけたい」

スピードスケート女子の高木美帆(日体大職)が18日、オンラインで取材に応じ、出場すれば3度目となる来季の北京冬季五輪へ「(平昌五輪後の)3年間で積み上げてきたものを、さらに最高にして全部ぶつけたい」と意気込んだ。

平昌では1500メートルで銀、1000メートルで銅、団体追い抜きで金メダルを獲得し、3000メートルは5位だった。北京ではこの4種目を「チョイスすると思う」と語ったが、出場種目数については「現段階ではなんとも言えない」と話した。近年は500メートルも急成長し、表彰台を狙える水準にある。

今季は新型コロナウイルスの影響で海外に遠征できなかったが、日本で好記録を連発。「最大限の工夫をしながらシーズンを終えることができた」と自らに合格点を与えた。