東電柏崎刈羽原発テロ対策不備「大変遺憾、深刻に受け止め」 官房長官 

記者会見する加藤官房長官=17日午前、首相官邸
記者会見する加藤官房長官=17日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は17日午前の記者会見で、東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)のテロ対策の侵入検知設備が故障し、長期間にわたり不備があった問題について「大変遺憾であり、深刻に受け止めている」と述べた。

 同時に「強い危機感と緊張感を持ち、原子力規制委員会の検査に真摯(しんし)に対応するとともに、核物質防護を含めた安全確保に関する組織的な管理機能について抜本的な対策を講じていくことが重要だ」とも語った。

会員限定記事会員サービス詳細