東電社長、柏崎刈羽原発の設備故障問題で陳謝「大変重く受け止めている」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東電社長、柏崎刈羽原発の設備故障問題で陳謝「大変重く受け止めている」

東京電力ホールディングスの小早川智明社長(那須慎一撮影)
東京電力ホールディングスの小早川智明社長(那須慎一撮影)

 東京電力の小早川智明社長は17日の参院予算委員会に出席し、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の侵入検知設備の故障問題について「大変重く受け止めている。地域の皆さまをはじめ、広く社会にご心配をおかけしていることに改めておわびをしたい」と陳謝した。