大阪でも変異株感染者、初の死亡 80代女性、新型コロナ

 大阪府の吉村洋文知事は17日、新型コロナウイルスに感染して亡くなった80代女性の検体から、ウイルスの変異株が確認されたと明らかにした。2月下旬に国に報告したという。府庁で記者団に述べた。府内では初。

 府内では大阪健康安全基盤研究所や民間医療機関が、過去に採取した検体にさかのぼって変異株の検査を実施している。

 吉村氏は「感染のつながりを切っていくのが重要だ。検査を強化し(変異株を)できるだけ把握していく」と話した。