武田総務相「記憶ないと言え」と指示か 立民が可能性指摘、声紋鑑定へ

参院予算委員会で答弁する武田良太総務相=17日午前、第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁する武田良太総務相=17日午前、第1委員会室(春名中撮影)

 立憲民主党の奥野総一郎国対委員長代理は17日、放送事業会社「東北新社」が平成29年8月時点で外資規制違反を総務省に口頭報告していたか否かをめぐる国会質疑の際、答弁に立った鈴木信也電波部長に対し後方に座る武田良太総務相が「記憶がないと言え」と指示していた可能性がある、と明らかにした。国会内で記者団に語った。

 立民は18日の衆院総務委員会で武田氏に発言の有無を確認する。関係者によれば、声紋鑑定を専門家に依頼する方向で調整している。

 16日の衆院予算委員会の映像を確認したところ、立民の逢坂誠二氏の質問に対して鈴木氏が答弁する直前、この発言が聞き取れるという。奥野氏は記者団に、現時点で断定はできないが、武田氏の声に聞こえると指摘した上で「武田氏を中心に組織ぐるみで事実を隠そうとしている可能性もある」と語った。

 16日の衆院予算委では、東北新社の中島信也社長が、29年8月に同社が外資規制に抵触していると気付き、幹部だった木田由紀夫氏が総務省の鈴木氏に口頭で報告したと説明。鈴木氏は「記憶はない」と繰り返し、両者の主張は平行線をたどった。