同性婚否定は「違憲」 札幌地裁、初判断 北海道在住3カップル

札幌地裁
札幌地裁

 国が同性婚を認めていないのは、法の下の平等や「婚姻の自由」を定めた憲法に違反するとして、北海道に住む同性カップル3組が国に損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(武部知子裁判長)は17日、「違憲」との初判断を示した。

 原告は男性カップル2組と女性カップル1組で、いずれも平成31年1月に婚姻届を提出したが受理されず、同2月に提訴した。同種訴訟はほか4地裁でも争っており、判決は初めて。

 憲法24条は「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」するとし、結婚に関する民法の規定では「夫婦」という用語が使われている。このため国側は当事者が「男女」であることが前提との法解釈をしている。

 原告側は「同性と結婚できず、婚姻の自由を不当に侵害している」と主張。同性婚を可能とする立法を怠ったとして計600万円の賠償を求めていた。