気候変動に負けない小麦… 砂丘の研究機関が世界を救う

気候変動に負けない小麦… 砂丘の研究機関が世界を救う
気候変動に負けない小麦… 砂丘の研究機関が世界を救う
その他の写真を見る (1/4枚)

 世界の砂漠化防止などについて研究する「鳥取大学乾燥地研究センター」(鳥取市、乾地研)が誕生から30年を迎えた。鳥取砂丘の中に位置し、ルーツは同大学の前身の鳥取高等農業学校試験地までさかのぼる。かつては、あまりの重労働に嫁殺しといわれた砂地での水やり作業解消や、ラッキョウ、長イモの特産化などで日本の砂丘地農業の発展に貢献。今は「高温耐性コムギ」の開発や、黄砂につながる砂嵐の発生予測などフィールドを世界に広げ成果を発信している。

気候変動見据えた小麦を開発

 鳥取砂丘ビジターセンターで3月14日まで開かれた「乾燥地研究センター設立30周年記念パネル展」。展示の中で目を引いたのが、高温や乾燥に強い品種として乾地研が開発した「高温耐性コムギ」だ。

ランキング

  1. 安倍元首相への中傷投稿「考え難い」 立民・石垣議員が勝訴

  2. 「助手席のインコに気を取られよそ見」 川崎の2人死亡事故

  3. 4回免停、低い順法意識あらわ 無免許元都議初公判

  4. 100億円超の覚醒剤押収 所持疑いで組員ら7人逮捕

  5. 河井案里氏を救急搬送、睡眠薬を大量服用 「さようなら」と連絡か

  6. 伊藤さん性被害、東京高裁も認定 告白著書には賠償命令

  7. 露天風呂の女性盗撮疑い 北海道・苫小牧民報社員の男逮捕

  8. 車いすの男性はねられ死亡 東京・大田

  9. TBS番組巡り賠償命じる 俳優細川茂樹さん名誉毀損

  10. 4年間で12回違反 「無免許」木下元都議に懲役10月求刑