青森の核管理施設で火災、職員にプルトニウム付着 周辺への影響なし

 16日午前10時40分ごろ、青森県六ケ所村にある公益財団法人「核物質管理センター」の分析室で、作業員が容器から煙が出ているのを見つけた。約3時間半後に鎮火が確認されたが、消火に当たった職員2人の顔などにプルトニウムが付着した。周辺への影響はないとしている。

 同センターは核不拡散のための保障措置(査察)の実務を行っている。