「野党の1年生がピーピー言っても進まない」維新議員、菅首相に国会内のデジタル化に協力要請

参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=15日午後、参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=15日午後、参院第1委員会室(春名中撮影)

 「野党の1年生が『ピーピー』言っても全然進まない。首相の一言があれば何か動くかもしれない」

 15日の参院予算委員会で日本維新の会の梅村みずほ氏が国会内のデジタル化の推進に向け、菅義偉(すが・よしひで)首相の協力を求める場面があった。

 梅村氏は、予算委で紙の資料が多数配られている現状について「紙の山だ。世間と乖離(かいり)している」と指摘した。

 首相は「国会の中は首相でもほとんど口を出すことはできない」としながらも「国会でもペーパーレス化、デジタル化の議論が活発化することは大切だ。ぜひ各党でしっかり議論していただけたら政府として協力したい」と語った。

 この日は、総務省幹部の接待問題で、首相への厳しい追及が続いたが、梅村氏は「朝からの予算委で一番心がこもっていた」と応じていた。