リニア地下工事で川崎・相模原の住民に不安 駅工事周辺で振動・騒音の訴えも(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

リニア地下工事で川崎・相模原の住民に不安 駅工事周辺で振動・騒音の訴えも

リニア地下工事で川崎・相模原の住民に不安 駅工事周辺で振動・騒音の訴えも
リニア地下工事で川崎・相模原の住民に不安 駅工事周辺で振動・騒音の訴えも
その他の写真を見る (1/2枚)

 神奈川県内のリニア中央新幹線の地下工事をめぐり、リニア沿線の住民から安全性を不安視する声が上がっている。道路の陥没が起きた東京都調布市の工事と同様のトンネル工事が行われるため、「相模原市でも陥没が起きてしまわないか」という懸念があるからだ。一方、リニア新駅「神奈川県駅(仮称)」の建設が進む地域の住民は、工事による振動や騒音被害も訴えている。リニア工事が本格化するのを前に、事業者らには安全対策と住民生活への影響を低減させることが求められている。(浅上あゆみ)

 東京・品川-名古屋間を最速40分、品川-大阪間を最速67分でつなぐリニア中央新幹線。相模原市と川崎市を通る県内の約40キロの路線の大半は地下に建設される。停車駅はJR橋本駅(相模原市緑区)付近に建設中の新駅「神奈川県駅(仮称)」の1カ所だ。令和9年の開業を目指し、今後、工事が本格化する。

調布の陥没現場より浅く

 現在、相模原市は一部の住民に対し、トンネル工事で地下を使用する権利の取得交渉を行っている。しかし、シールドマシンと呼ばれる大型掘削機による工事が原因で発生した調布の陥没をきっかけに、住民から「本当に安全なのか」といった疑問も聞かれるという。

 シールドマシンは、地下鉄や下水道のトンネル工事などで広く使われている。相模原市内の一部の工事では、東京都町田市西部との境から相模川までの約5・4キロで、調布よりも地下の浅い部分をシールドマシンが通過する。

 そのため、地下を使用する「区分地上権」を住民から取得する必要がある。相模原市は事業者のJR東海から用地取得事務を請け負っている。該当戸数は公表していないが、市職員が直接、説明と交渉に出向いている。市によると、調布の陥没から「工事を懸念する声が増えた」(市の担当者)という。

 もともと、自然環境への影響などからリニア整備に反対する市民はいたものの、「調布と同じようになったら困る」「(異常が起きたら)補償はしてくれるのか」といった声が聞かれるようになった。市は権利の取得状況も明らかにしていないが、「あくまでも順調」としており、「工事の安全を事業者に求めている」と話した。