パトカー追跡の車がひき逃げ 男性重傷 京都・伏見

 14日午前7時ごろ、京都市伏見区の市道で、京都府警伏見署のパトカーが追跡していた軽自動車が自転車のアルバイト男性(74)=同区=に衝突した。男性は頭の骨を折る重傷を負った。軽自動車は男性を救護せずに立ち去り、同署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)や道交法違反(ひき逃げ)の疑いで行方を追っている。

 同署によると、京都府道で取り締まり中だったパトカーが速度違反を確認して停止を求めたが、軽自動車は逃走し、約400メートル先の市道で自転車と衝突した。パトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして追跡した。

 同署は「追跡は適正だったと考えるが、第三者が巻き込まれたのは残念」とのコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細