14日朝にかけ激しい雷雨 東日本や東北太平洋側

13日午後1時現在のひまわり雲画像
13日午後1時現在のひまわり雲画像

 気象庁は13日、前線を伴って関東南部から北上している低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、東日本や東北の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となるとして、大雨による土砂災害などへの警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、東日本では同日夜にかけて、東北の太平洋側では14日朝にかけて、激しい雷雨がある。河川の増水や竜巻などの可能性もある。発達した積乱雲が近づく兆しがあれば、建物内に移動するなどして安全を確保するよう求めた。

 14日午後6時までの24時間予想雨量は、東北の多いところで120ミリ。低気圧は関東南部を通過後、13日夜にかけて三陸沖を北東へ進む見込み。