漫画「怪獣8号」、2巻で累計100万部突破 - 産経ニュース

メインコンテンツ

漫画「怪獣8号」、2巻で累計100万部突破

(C)松本直也/集英社
(C)松本直也/集英社

 集英社は、漫画アプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で配信中の漫画「怪獣8号」(松本直也著)の累計発行部数が100万部を突破したと発表した。4日に最新2巻が発売されたことなどを受けたもので、数字に電子版は含まれていない。平成26年に始動した「少年ジャンプ+」では最速の100万部突破となった。

 同作は昨年7月に連載開始。「怪獣」が来襲する架空の日本を舞台に、夢破れた32歳の男性がもう一度夢を追い求めるストーリー。先読みできない展開が話題を呼んでおり、最新話が公開1週間で150万を超える閲覧数を記録するなど、「少年ジャンプ+」の看板作品の一つとなっている。

 また、最新11巻が発売された漫画「チェンソーマン」(藤本タツキ著)は、累計930万部を突破。同作はアニメ化が決まっていることに加え、「少年ジャンプ+」で第2部の連載が予定されており、話題となっている。