横浜で民家が全焼 焼け跡から1人の遺体

 12日午前11時10分ごろ、横浜市泉区白百合の民家で「白い煙が見える」と近隣住民の男性(64)から119番通報があった。火は駆けつけた消防により約1時間半後に消し止められたが、木造2階建ての同住宅1棟が全焼し、焼け跡から性別不明の遺体が見つかった。

 神奈川県警泉署によると、この家に住む無職の向田広英(こうえい)さん(85)の妻(81)と連絡が取れなくなっているといい、同署が遺体の身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。向田さんは妻と2人暮らしで、出火当時は外出していて無事だった。

 現場は横浜市営地下鉄ブルーライン中田駅から北東に約500メートル離れた住宅街の一角。