公明・北側中央幹事会長、土地規制法案の早期成立に疑義「審査中」

 公明党の北側一雄中央幹事会長は11日の記者会見で、政府が安全保障上の重要な土地対策として検討している土地利用規制法案について、今国会成立を目指すとした同党の竹内譲政調会長の方針に疑義を唱えた。「まだ審査中で、この国会で成立という話をする段階ではない」と述べた。

 北側氏は自民党との法案修正協議を担っており「政府側も含め協議の最中だ。まだ時間はかかる」と語った。法案をめぐっては、小此木八郎領土問題担当相が今国会への提出を表明。竹内氏も10日の会見で「より良い内容にして何とか成立させたい」と話していた。

会員限定記事会員サービス詳細