「脱原発」新党? 小泉、鳩山、菅直人の元首相3人、そろい踏み

原子力発電ゼロを唱える鳩山由紀夫、小泉純一郎、菅直人の3元首相(左から)=東京・永田町の憲政記念館(奥原慎平撮影)
原子力発電ゼロを唱える鳩山由紀夫、小泉純一郎、菅直人の3元首相(左から)=東京・永田町の憲政記念館(奥原慎平撮影)

 小泉純一郎、鳩山由紀夫、菅(かん)直人各元首相は東日本大震災、東京電力福島第1原子力発電所事故から10年となった11日、東京都内で開かれた脱原発集会に参加した。鳩山氏が「脱原発政党」設立のため、小泉氏に政界復帰を求めると、会場から拍手がわいた。

 集会は、小泉氏が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が主催した。鳩山氏は菅義偉(すが・よしひで)政権が目指す2050年の温室効果ガスの排出実質ゼロに触れ、「化石燃料を使わないやり方でも、十分に(脱原発を)実現できるということを数値が示している」と主張。菅氏も「この10年間で原発が発生した電力は全体のたった3%だ。将棋でいえば投了の場面なのに『投了しない』と原子力ムラが頑張っているだけだ」と持論を展開した。

 これに先立ち、小泉氏は脱原発をめぐり講演。小泉氏は首相時代は原発推進論者だったと振り返り、「原発事故以来、本を読むと『原発は必要だ』と言っていたことは間違いだった。過ちを改めざるを、過ちという。過ちては改むるにはばかることなかれ。それで原発ゼロを展開している」と語った。

 小泉氏は「この問題は与野党、右左関係ない」とも訴えた。講演後に3人で記念撮影に応じた際に、菅氏が「結党会見みたいだ」と漏らすなど、かつて所属した政党の枠を超えた連携を確認し合ったようだった。

 集会には細川護煕、村山富市両元首相も脱原発を訴える「宣言文」を寄せた。(奥原慎平)

会員限定記事会員サービス詳細