自民・岸田氏、震災10年「心に刻み、政治の責任を」

自民党・岸田文雄前政調会長
自民党・岸田文雄前政調会長

 自民党の岸田文雄前政調会長は11日、東京都内で開かれた岸田派(宏池会)の会合で、発生から10年を迎えた東日本大震災と東京電力福島第1原発事故について「いまなお、原発の避難者など多くの方々が苦しんでいる。心の痛みや傷を抱え、苦しんでいる人が大勢いる。われわれはこうしたことを心に刻み、政治の責任を果たさなければならない」と述べた。

 岸田氏は「今は災害の時代といわれ、誰もが被災者になり得る時代だ。防災・減災の課題にしっかり取り組まなければならない」と強調した。