カナダのトルドー首相「日本国民の強さに敬意」 震災10年

 【ニューヨーク=上塚真由】カナダのトルドー首相は10日(日本時間11日)、東日本大震災から10年に際した声明を発表し、犠牲者に哀悼の意を示すとともに「日本国民がこの10年間、再建と復興のために発揮した信じられないほどの強さと決意に敬意を評する」と述べた。

 また、川村泰久駐カナダ大使は10日付の地元紙に寄稿し、「多くのカナダ人が日本人に手を差し伸べてくれた」と謝意を表明。8歳の少年と父親が東部ハリファクスから首都オタワまで約1400キロを車で移動し、大使館に千羽鶴を届けてくれたなどの逸話を紹介した。