五輪入国者向け「水際アプリ」担当に木原首相補佐官

閣議に臨む(左から)赤羽一嘉国交相、茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相、河野太郎行政改革担当相=9日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む(左から)赤羽一嘉国交相、茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相、河野太郎行政改革担当相=9日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉首相は、東京五輪・パラリンピックでの新型コロナウイルスの水際対策を巡り、海外からの入国者向けに政府が導入を目指すスマートフォンアプリの開発担当に木原稔首相補佐官を充てる方針を固めた。外務省や厚生労働省など関係省庁との調整役を担う。政府関係者が9日、明らかにした。

 アプリは入国者の行動や健康状態、検査結果を一元的に管理するのが狙い。外務省の電子ビザシステムや感染者情報共有システム「HER-SYS」(ハーシス)、税関のシステムと連携する見通し。大会後の訪日外国人向けの活用も想定している。