桑田佳祐さん、ジャズの殿堂から無観客ライブ配信 エンタメ業界を支援

桑田佳祐さん、ジャズの殿堂から無観客ライブ配信 エンタメ業界を支援
桑田佳祐さん、ジャズの殿堂から無観客ライブ配信 エンタメ業界を支援
その他の写真を見る (1/3枚)

 サザンオールスターズの桑田佳祐さん(65)が、個人名義では3年ぶりとなるライブ映像の有料配信を始めた。桑田さんは昨年の緊急事態宣言発令後、サザンオールスターズとして2度のライブ配信を行ったが、個人名義では、これが初めてだ。14日までの期間限定。

 今回は、東京都港区のジャズの名門ライブハウス「ブルーノート東京」を会場に無観客で行ったライブのもようを収録。これを配信しているのが話題だ。桑田さんがライブハウスで歌うのは、港区のビルボードライブ東京に出た29年以来4年ぶり。ブルーノートは初めてだ。

 配信の中で桑田さんは、「最近のライブは大規模化していますが、こんな時代ですから拡張するばかりじゃなく、人肌を感じる距離で、小さな音で、戯れるような形でやってみたかった。未来を生きる人たちにエールを送りたい。歌うことで皆さんとつながっていきたい」とライブハウスを会場に選んだ理由を説明した。「ブルーノートは、憧れでもあった」とも。

 サザンオールスターズは、かつてジャズピアニストで編曲家の八木正生(やぎ・まさお)さん(1932~91年)が編曲を担当していたことがある。そもそも、桑田さんとジャズは縁が深い。

 ギターの斎藤誠さん(63)ら気心の知れたメンバー8人で編成したバンドを従え、約2時にわたり24曲を披露している。

 桑田さんは、事前に「今回は、ライブハウスというライブの原点の場所に立ち返り、仲間たちとともに、シンプルかつ『少々大人な感じ』のライブをやらせていただきます」というコメントを出していた。

 実際、黒っぽいシャツとパンツというシックな装いでステージ中央の椅子に座りながら歌う姿は、「大人な感じ」満載。生ギターとエレキギターを持ち替えながら、個人名義で発表した曲を、シンプルで軽快な、あるいはブルージーな編曲で次々と聴かせた。

 ライブは、細野晴臣(はるおみ)さん(73)らが在籍した日本のロックあけぼののバンド、ティン・パン・アレーの「ソバカスのある少女」の弾き語りで幕を開けたが、ほかにも4曲のカバーを披露。浅川マキさん(1942~2010年)や加藤登紀子さん(77)の曲など、いずれも渋い選曲なのも、「少々大人な感じ」だ。

 昭和のヒット曲である「スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)」と「悲しい気持ち(JUST MAN IN LOVE)」も披露。オールドファンを喜ばせるはずだ。

 また、「真夜中のダンディー」の間奏では桑田さん自身がギターソロを担当。それが、ビートルズの「ゲット・バック」のソロそのまま。ライブハウスならではの、くつろいだ雰囲気を楽しめる。

 民放共同企画の東京五輪テーマソング「SMILE~晴れ渡る空のように~」をライブで初披露しているほか、東日本大震災の被災地復興の祈りを込めた「明日へのマーチ」も歌っている。

 2時間の締めくくりは、「明日晴れるかな」。この苦難が神が与えた運命ならば諦めようか。いや、もう少し。くじけそうな気持ちを乗り越えよう。そうっと呼びかける歌だ。

 桑田さんは、「静かな春の戯れ ~Live in Blue Note Tokyo~」と題したこのライブを14日まで4500円(税込)で有料配信する。収益の一部は、「Music Cross Aid エンタメ従事者支援基金」を通じて、ライブエンタメ業界支援に使われる。

【演奏曲目】カッコ内は発売年

1 ソバカスのある少女=ティン・パン・アレーのカバー(昭和50年)

2 孤独の太陽(平成6年)

3 若い広場(29年)

4 DEAR MY FRIEND(20年)

5 こんな僕で良かったら(19年)

6 愛のささくれ~Nobody loves me(19年)

7 簪/かんざし(19年)

8 SO WHAT?(23年)

9 東京ジプシー・ローズ(14年)

10 グッバイ・ワルツ(23年)

11 月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)(23年)

12 かもめ=浅川マキのカバー(昭和44年)

13 灰色の瞳=加藤登紀子&長谷川きよしのカバー(49年)

14 東京(平成14年)

15 SMILE~晴れ渡る空のように~(令和2年)

16 明日へのマーチ(平成23年)

17 大河の一滴(28年)

18 スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)(昭和61年)

19 真夜中のダンディー(平成5年)

<アンコール>

1 Iko Iko=ドクター・ジョンのカバー(1972年)

2 ヨシ子さん(平成28年)

3 君をのせて=沢田研二のカバー(昭和46年)

4 悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)(62年)

5 明日晴れるかな(平成19年)

会員限定記事会員サービス詳細