浪速風

「打てる人」を掘り起こせ

約31万人の希望者に対し、今のところの割り当ては約7万人分とは、何とも心もとないことではないか。大阪府でも今日から始まった医療従事者向けの新型コロナウイルスワクチンの優先接種の数だ。それでも、ようやく身近で接種が始まったことには少しほっとした

▶まずはワクチンの確保が重要だが、今後は対象が一般へと広がる。より早く、より多く、接種を進めるために必要なのが「打てる人」の確保だ。驚いたことに、イギリスでは資格を持たない人をボランティアで募集し、訓練を受けた後「注射ボランティア」として接種に当たってもらっているという。さすがに日本では現実的ではないが、いわゆる潜在医師や潜在看護師の掘り起こしは急務だろう

▶新型コロナの最前線に、というわけではない。ほんの少し現場のカンを取り戻してもらえればいいはずだ。自治体もこういうところにこそ資金を投入し、よりよい待遇で迎えるべきである。